今 ここに居る
 風が肌を通り過ぎ
 朝の日ざしが目にまぶしい
 干したて布団は陽の匂い
 外界を遮断し集中する
 腹に響くビートとリズム
 創作料理は未知の味
 乾杯ビールはやっぱり旨い

そこは
 必ずしも、かっこよくてキレイな空間でなくてもいいだろう
 必ずしも、明るく広く開放的でなくてもいいだろう
 必ずしも、自然にうち勝つ構造物でなくてもいいだろう

今 ここに居て 
感じ 考えて エネルギーを噴出させ そしてまた蓄積する
そうやって 人が生きていくための空間を
あなたと一緒に つくっていきたい

「居」とは?・・・

「居」というのは、人のいる空間のことです。

空間や場所を表す言葉は、色々あると思います。
間、場、所、space、land、site、field。。。
居も空間を表す言葉の一つですが、居には必ず人が居るのです。
居アーキテクツは、人が活動していくための空間をつくっていきます。


「いまここに居る」

まず一人の人間として「今ここに居る」ということを大切にしたいと
思っています。

生活すること、生きていくこと、今という時間や、今居るこの場所、
そして人との出会いが、設計することとつながっていくからです。
ちょっと大げさなようだけど、人が生活するすまいや人が活動する空間を考えることは、
人が生きていくことを考えることだと思うのです。

いいす空間は時によって、すっと包んで癒してくれる場だったり、
よしがんばるぞという元気をくれる場だったり、
静かに考えごとを見守ってくれて、自然の美しさを届けてくれたりします。
もう一人の家族、あるいはもう一人のパートナーみたいなものではないかなと思います。

そういう考えを中心にして、たてものをつくっています。

いとま
居アーキテクツ一級建築士事務所

浦 和 office: さいたま市浦和区本太1-24-2-105
緑 区 office: さいたま市緑区原山2-33-8 #5-205
Tel&Fax: 050-1070-0170
 Mail : ueno@itoma-arch.com
設  立: 2011年8月
業務内容: 建築の設計・現場監理 、耐震診断、補強設計
    (住宅、店舗、診療所、集合住宅、オフィスビル他)
    その他、建築・インテリアに関連する業務全般
    ※新築、リノベーション、リフォーム、家具造作も承ります
業務エリア: 首都圏を中心に、遠隔地も対応致します
補償・保険: 建築士賠償責任保険 加入
研究内容: くらしの探求、活動の探求、空間と造作の探求、素材の探求

上野康子
ueno yasuko
代表・管理建築士・一級建築士
さいたま市耐震診断資格者
被災建築物応急危険度判定士
被災宅地危険度判定士
一般社団法人埼玉建築士会 さいたま南支部

1972 埼玉県生まれ
1991 埼玉県立浦和第一女子高等学校 卒業
   (3年間ボート部在籍。声の大きいバウ。)
1996 早稲田大学理工学部建築学科 卒業
1998 早稲田大学大学院建設工学修士課程 修了
   (タイ系ダイ・ルー族の集落および住居の空間を研究)
1998 株式会社アール・アイ・エー 設計部 入社
2002 一級建築士事務所共同設立(管理建築士)
2007 同上退社
個人にて設計活動を経て
2011 居アーキテクツ一級建築士事務所 設立